読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


搾取されないしないそれが自由!

昨日、子どもの習い事の支払いを済ませて帰る途中、

ふと私は気づいた。

私は誰にも搾取されない。搾取しない。

それが自由なんだ!

と。

いきなり訳分からないかもしれないけれど、

それまで考えていた事は

例の気の重くなる友人のことだった。

何故気が重くなるのか、

それを考えていた。

友人(先日ふと思い起こした翌日電話がきたが、

ちょうど出かける寸前だったので、話すことなく、

メールするというのでそのまま待っていたらずっと連絡がない)は

私を利用していると私は感じていた。

私から見えない何かを搾取しているように感じていた。

自分の寂しさや不幸感を全面におしだして

こちらの何かを引き出そうとしている。

と感じていた。

他にも似たような人がいるが

同じように感じる。

何か大切なもの

エネルギーかなにかを吸い取られるようで

気が重いんだろうと分析した。

そして、若い頃、うまくいかなかった恋愛は

自分がこんな風になっていたんじゃないかと。

相手から目に見えない何かをもらいたい、

ちょうだい!ちょうだい!と

自分の中で鬱陶しい叫びをあげていて

それを相手は何となく、いや、

意外とはっきり感じ取っていたのでは、と。

そしたら今の私が友人に感じるように感じ、

気が重いから離れようとするよな、そりゃ。

恋愛とか、友人関係とか、人間関係でも、

そういう見えないやりとりが多少はある。

でも、

自分は搾取されなくていいし、搾取しなくていいんだ!

と昨日ふと気づいたのだ。

そしたら、横切ったツバメみたいに

気持ちがすう~っと軽く飛んでいるみたいになった。

ちょうだい!ちょうだい!と言わなくていい。

ちょうだい!ちょうだい!と言われなくていい。

何かを搾取したり、されたりは必要ない、

今、この状態でよし!なのだ。

よし!の状態から何かが自然に湧いて、流れ出し、

それが循環するんだろう。

自由とはこのことなのかもしれない!

と身体は地上にあるのに、

空を飛んでいるように感じた。