読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


念がつうじた?!

お隣の常緑樹が成長著しく、二階部分までのびてきていた。

ちょうど太陽の方向にあるので木陰になってしまう。

ただでさえ午前中しか陽のあたらない半日村状態の部屋は寒い。

この木が二階部分の窓を覆いつくすことになったら、

もううちは日陰の家。

 

ああ、どうしよう、切ってほしいとたのもうか、どうしようか、

ああ忙しいのかも、こんなこと言われたらいやだよなあ、

でも言わないとわかってくれないかもしれないし。。

ちょっと切らせてくださいと言うとか、

いや、それも嫌だよな、

ああ、どうしよう!

と一瞬どーんと悩んだ。

 

もう、仕方ない。

チャンスがあったら切ってくれるように頼もう。

と決心した。

その後アイロンがけなどやっていると

外でぎいこぎいこ、と音がした。

え?まさか?

と見ると例の木を奥さんが切ってくれていた!

しかも理想的にかなり下の部分からばっさりと。

 

びっくりした。

私の心の叫びが聞こえたのかしら?

え?どうして?

と。

 

しかしものすごいタイミングであった。

これはちょっと念みたいなものが通じてしまったかな、

と、ちょっと感じた^^;

ああいいお隣さんでよかった。。

f:id:dewdropsonthegrasss:20161118140641j:plain