読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


禅と体外離脱(?)

最近「禅」の本をたくさん読んでいる。

ティク・ナット・ハンや、エックハルト・トールをしばらく

読んだり、動画で見たりしていたのだが、

両者とも

「今、ここ」という事が共通していた。

そして「禅」という言葉もよくでてきたので気になってきたのだ。

「禅」の本を読むと確かに「今、ここ」の精神が

昔からあったことが分かる。

「禅」の本を読むと公案というものが出てくる。

公案とは禅問答とよばれるもので、

すぐには理解するのは難しいところも多いが面白い。

ちょっと過激と思われるものもあり、

中でも流血的なものは、正直ヒく。

むかしのそういうものにはありがちなんだろうけど。

別に坐禅とか、する気はあんまりないが、

呼吸法なら、とちょっとまねしてみた。

しばらくして眠くなったので、

うたた寝した。

しばらく寝ていたら

身体の内部が激しく振動しているように感じ、

ものすごい音、なんの音だろう?プロペラか?

と思っていたら

夢か何か、横になっている私のおなかの前に

大きなコマがブンブンすごい音で

反時計回りに回っている。

ちょっと怖かったが、ふと思った。

「もしや?これは体外離脱の前触れなのか?とすると浮こうとすれば浮けるはずだ!」

そう思ったら横になったままふわりと浮いた。

50センチくらい。

「わあっ!浮いた~!」

と嬉しく思ったらまたすう~っともとに戻ってしまった。

するとブンブンという大きな音もすう~っと消えた。

夢かもしれないけど、

私は少しだけ体外離脱したんじゃないか、と思う。

何だか嬉しくて、後で学校から帰った子供に

報告すると、

「なんだ。自慢か」

と冷静に言われたのだった。