読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


現実にいる感じ

この前の眠さやだるさはまだ少しあるけれど、

だいぶましになっている。

そして、そういえば、今、現実感あるな、と思った。

この世に生まれて生きている感じがある。

夢の中っぽくない。

現実との間の膜みたいなものが気づいたらなくなっている。

離人症が治ったのかしら??

 

でも、頑張ろう!みたいなヤル気はない。

ずっと、だら〜、ぼけ〜っとしていたい。

 

でも。そこはやはり主婦なんでね。

目の前のことをやるってことだけ。

それが今の私の生きるっていうこと。

 

昔は頑張って人に自慢できるような

仕事やなんかをして自分を高めたい。とかいう野心家だったのに。

どーでもよくなってしまっている。

小学生の頃からそういう勢いでいたような。

そうやって高めていかないと親に悪いと思っていたし。

認められないとも思っていた。

 

でも。どうでもいい。

妹は親に甘え上手で、私は甘え下手だった、何だか素直になれなくて。

それが自分を寂しくさせたけど、いい。もう終わった事。

 

今はたいしたことしてない私をそのまま受け入れてくれる家族がいる。

だから、もういいのだ。

(いや、もしかしたら頑張らない私を親もそのまま受け入れてくれたかもしれない。

ってそんなことないか。。まあいいや)

その経験があれば、例えこの先家族と離れることがあったとしても

がんばりすぎないで生きられそうだ。

 

結局、まあ、親がどうこうというよりも、

頑張らない自分を許せないままきてしまっていたのだな、

とわかった。

たいしたことしてない私でもいいんだ、とわかった。

それでいいんだな。

 

許せないから、もっと頑張れ頑張れと、自分を追い立てていたから

ヤル気をなくしていたのかもしれない。

まるで子供に「勉強しろ、勉強しろ」と言うように。

。。確かにヤル気なくすね。

自分を許せないから、子供も追い立てるという負の連鎖。

恐ろしい。

ちょっと気をつけなくては。

 

親の役目は子供をそのままでいいと認めることなのかもしれない。

それが生きる強さにつながるのかもしれない。

それにはまず、親自身がそのままでいい、と自分を認めなくてはね。

眠さとヤル気のなさ

また、最近強い眠気とヤル気のなさがおこっている。

そして、なんだか、無感動。

今もすごく眠い。

 

昨年末から1月いっぱいくらいは

とっても調子よかったのだが、

2月から今にかけてだんだん眠さとヤル気のなさが強くなっている。

そして、なんだか現実感もなく。

人との会話が面倒で、1人ただだらだらと眠っていたい。

 

でも、主婦なんでね。

いろいろとやらなくてはならず、

だらだらしてばかりもいられない。

逆に主婦でなかったら完全にひきこもって

人間的な生活してなかったかもしれない。

子供が帰ってくればご飯を食べるから

だるいながらもご飯をつくる。

掃除しないと夫は気分が悪いだろうから

掃除する。

洗濯しないとたいへんなことになるから

洗濯する。

 

離人症というのを調べてみると

その症状にあてはまりすぎていて笑えた。

精神病なのか?

べつになんでもいいけど、それすら、

どうでもいいこと。

 

アセンションするのに、眠りが必要なのだとか。

まあ、アセンションできるならいいかなあ。

ただ、この強い眠さはいつまで続くのか。

アセンションするには相当時間が必要そうだけれども。

アセンションしたらヤル気が出るだろうか?

 

現実感がなく、生きている感じもなく、

なんだか狭いところにおしこめられているような。

そんなへんな感覚。

f:id:dewdropsonthegrasss:20170314132126j:plain

 

 

 

誰かをいやだと思うことは

どうしてこんなにあの人が嫌なんだろう。

と思って、よく考えてみた。

別に表向きはなにも害を受けていない。

むしろ助けていただいているかもしれない。

なのに、何故会うのが苦痛なのか。

 

全然悪い人じゃない。

むしろ良い人だ。

しかし、言葉の端々にとてつもなく苦痛を感じるときがある。

それは私たちがその人に対して何も行動していないから。

それを責められていると私は感じる。

その人は責めているつもりかそうでないか、

全く無意識か、分からないのに、だ。

 

その人に対していろいろしなくてはいけないのだろうが、

何もしていない。

そういうことがその人に会うと認識しなくてはいけない。

だからなんだろうと思った。

結局はその人が嫌、なんでなく、

その人に会うことで自分の至らなさを直視せざるを得ない、

それが嫌なんではないかと。

そして、その人のささいな一言から、避けていたい事柄を

思いおこさなくてはならない、それが嫌なんじゃないかと。

 

そして、その人をいやだと思うことは

自分をいやだと思うことなのではないかという気がした。

だからもう、その人のことをあれこれ考えるのはやめた。

 

こどもは思い通りにならない

かといって、放置してはだめだし、複雑。

あまり近づいてほしくない友達と遊ぶとヒヤヒヤしてしまう。

けど、私が中学生の時、あまりいい評判ではない友達グループと仲良くして、

先生に「朱に交われば赤くなる」

とか言われて、何故仲良くしたらいけないのか、と反感をもった覚えがあるし。。

まあね、実際その時の私が自分の子供だったら

ヒヤヒヤしたでしょうね。

評判はよくなくても、心の根っこはきれいな人たちだと思っていたので

その時の私はそれでよかったのだ。

 

って。

今、私の子供も同じなのかもしれない。

相手の心根のよいところを見ているのかも。

う〜ん、けどなあ。ヒヤヒヤしてしまう。

まだ帰ってこない。

あの時、先生のおっしゃった言葉をつい思い出してしまう。

f:id:dewdropsonthegrasss:20170129182116j:plain

 

目の前だけに

あけましておめでとうございます。

星をつけてくださってありがとうございます!!^o^

前回ヤル気がおきなくて大変でしたが、

その後、生まれ変わったように、活動し出しています。

ーーーーーーーーーー

暮れから三が日まで義理の母が遊びにきていた。

同居している方々に敬意を表します。心から。

 

よく考えてみれば、夫とは恋愛するなりして一緒になるけれど

その母親とはただ、その夫の親というだけで、

友達でもなく、血がつながっているわけでもなく、

本当に不思議な関係。

まあ、夫を好きになったということは

その産みの親の趣味なりなんなりが関係しているのかもしれないけれど、

直接的にはあまり関係のない、間柄。

感謝はすれども、特に親しくしたいとか、

一緒にどこかへ行きたいだとか、あまりない。

だいたい、私自身あまり人付き合いが好きでないのかもしれない。

女性のおしゃべりが苦手で疲れる。

意味のない、結論もないことを長々話すのが苦痛。

女性はそれでストレスを解消しているというけれど、

むしろストレス。黙っていたい。

 

逆に嫁と一緒にお買い物に行きたいとか、

旅行へ行きたいとかあるのかしら。

たまにそういう人もいると聞くけれど、ほんとう?って思う。

あちらにしても、血のつながらない、

息子の嫁というだけの関係。

他人に毛の生えた感じかな。

 

距離が必要だし、お互いに干渉しないことが良い気がする。

近すぎるとやはりどうしてもいつか憎悪の念が生じるだろう。

 

けど、いつかは同居っていう可能性が高いので、

そんなこと言ってる場合じゃないし。

その時はその時に考えよう。

 

今年は目の前だけに集中。

それをどうこう考えずに。

物事を複雑にしているのは自分の思考なのだから。

f:id:dewdropsonthegrasss:20170104172452j:plain

何もしたくない

時々やってくる、「何もしたくない」。

これは一体なんなんだろう。

だったらしなくていいと思うし。

多分できないことを引き受けているから

見えない自分がブレーキかけてるのかもしれない。

だったら断ってみようかな。

断り方にもいろいろあるから、

うまく断ることもできるだろう。

 

断捨離じゃないけど、

何かから離れることも必要だろう。

 

昨日、なくしものを探しながら

クローゼット周りを掃除したら

とてもスッキリした。

なくしものは変なところにあった。

関係あるかわからないけど

お腹の中もスッキリした。

 

でも今日は何もしたくない。

そういう日なのかな。

そういうことでいいか。

f:id:dewdropsonthegrasss:20161121143658j:plain

念がつうじた?!

お隣の常緑樹が成長著しく、二階部分までのびてきていた。

ちょうど太陽の方向にあるので木陰になってしまう。

ただでさえ午前中しか陽のあたらない半日村状態の部屋は寒い。

この木が二階部分の窓を覆いつくすことになったら、

もううちは日陰の家。

 

ああ、どうしよう、切ってほしいとたのもうか、どうしようか、

ああ忙しいのかも、こんなこと言われたらいやだよなあ、

でも言わないとわかってくれないかもしれないし。。

ちょっと切らせてくださいと言うとか、

いや、それも嫌だよな、

ああ、どうしよう!

と一瞬どーんと悩んだ。

 

もう、仕方ない。

チャンスがあったら切ってくれるように頼もう。

と決心した。

その後アイロンがけなどやっていると

外でぎいこぎいこ、と音がした。

え?まさか?

と見ると例の木を奥さんが切ってくれていた!

しかも理想的にかなり下の部分からばっさりと。

 

びっくりした。

私の心の叫びが聞こえたのかしら?

え?どうして?

と。

 

しかしものすごいタイミングであった。

これはちょっと念みたいなものが通じてしまったかな、

と、ちょっと感じた^^;

ああいいお隣さんでよかった。。

f:id:dewdropsonthegrasss:20161118140641j:plain