読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


期待しない日々

「期待しない教」の毎日を過ごしている。

とはいっても、未来に悲観しているという訳ではなく、

願望はオッケーということにしている。

ただ、それを期待しないでいる。

 

例えば、初めて料理を作ってみたとして、

「初めて作った料理を家族がおいしいと言ってほしいなあ」

というのは願望だからオッケーで、

「初めて作ったんだし、これはもう家族がおいしいと言うはずだ!

言うに違いない!いや言って!当然言ってくれるよね?!」

というのは期待なので、しない。

 

願望であれば、家族がおいしいと言わなくても

「そっか〜ふうん、言わないんだ〜」

と事実に対してそう思うのみで、心は安らか。

でも、期待マンマンな場合だと、

「えっ?おいしいって言わないの?何でどうして?うそでしょう?

初めて頑張って作ったのに?どういうこと?ひどい!

そういえばこの前だって・・・」

なんてことになり苦しむことになる。

 

そういう違いがあるのかな。と思うので。

 

願望とは、相手の行動に対し、自分の都合を押しつけないこと。

期待とは相手の行動に対し、自分の都合を押しつけること。

 

似ているようで全然違う。

 

自分の都合通りにいけばいいんだろうけど

都合通りにいかない時に苦しみが起きる。

だから、期待をしない教。

心安らか。

よろしかったらどうぞ^^←願望。