読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


2012年に!??

どうやら、世界に何かおこるらしい。
最近、私はこの2012年がとても気になる。

図書館で「2012年」とつく題名の本を2冊借りた。
1つは、中丸薫さんという人の本。
『2012年の奇蹟―愛の光でアセンション
おおっ!確かに2012年は何かがあるな、と思うよりも
この人の背景やら業績やらがものスゴく、
そちらに気を取られて、何が書いてあったかよく覚えていない..
とにかく、2012年なのね。

で、もう1つ。今読んでいる最中。
『2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉』
ローレンス・E・ジョセフ
とっても科学的な方面から2012年の何かについて
書いてある。

なので、半分位は理解できていないかもしれない。
何だか、太陽の黒点が、どうとか。
それが、ちょっと増えたり減ったりするだけで
地球に激変がおこるのだとか。
2012年位がちょうど何かの周期で、何かおこるらしい。
(っていっても分かりませんよね。理解できていないのですいません)
まだ半分にも達していないので、結論まで分からない。
いや、最後まで読んでも分からないかもしれないけど。

で、マヤ暦の最終日だという
2012年12月21日午前11時11分。
ともかく、何かが終わるようだ。

何だろう??
ゲリ-さんは、物からきれいなオーラとか見えるようになるとか
書いていたっけ。あれ?2011年だったかな?
何となく、いろんな方面から、2011年、2012年あたりが注目されているような。

で、今2009年3月なのでーあと、2年または3年9ヵ月後かあ。
何しよっかなあ。

夫に
「ねえねえ、あと3年どうやって過ごす~?」
とワクワクしながら聞いてみたところ、
「何いってんだよ!」
と、相手にもされず。

くそうっ!

..でもま、うん、仕方ない。
あたり前だよね。そうそうそれが普通の反応だよね。
今の生活がず~っと続くのが当たり前と思っていれば、にわかには信じがたいよね。
あと3年で世界が終わるんだか、激変するんだか、分からないけど、
とにかく何かが起こるなんて。

そっかああ、何が起こるんだろう。
ゲリ-さんはそう悲観的な事を言ってなかったし。
とか考えていたら、ふと
「ああ!私達は出産するんだ!!」
と気付いた。

男性も女性も人間全てが。
いや、地球も合わせてかな。

そう出産は苦しかった。
私なんか、陣痛きてから82時間。
生まれそうで生まれず。
痛くて苦しくて、でも生まないことには
終わらない。
そんな苦痛を伴ってようやく子が誕生。

まさにそれかもしれない。
何かを私達は生もうとしている。
その人それぞれの何かを。
ちょうど、それが2011年、2012年終わりの時期で、
人間は苦痛を伴いながら、
いや、地球ももしかしたら、
何かを生み出すんじゃないだろうか?

何を??

出産はその人それぞれだ。
軽くすむ人もいれば、大変な思いをする人もいる。
同じお産はないと言われる。
子もそれぞれ。

だとすれば、2012年の本を私達一人一人が書けるってことだ。
難しい知識があってもなくても、書ける。人それぞれに。

私が書くとしたらどうかなぁ~
2012年以降は..
ご飯を食べなくていいようになる。
眠らなくていいようになる。
熱さ寒さに左右されない身体になる。
瞬間移動できるようになる。
自分の求めるものに集中して取り組める。
悪い事が通らなくなる。
世の中は平和。

といったところで。
ちょっと、ゲリ-さんのいうような感じだけど、
やっぱご飯つくらなくてよくなったらいいな。

でも痛みが伴うのよね。
どんな痛みかな。
「やっぱりまだ食べてたいよう!」的な??

何でも習慣を変えるというのは難しいものだから。
そういう意味の苦痛かもしれない。

だとしたら、今から習慣を変えるという事に馴染んでおかなくては。
ちょっとしたこと。
出無精をやめるとか。
見てみぬふりのサッシのサンを掃除するとか。
夫の一言にいちいち腹をたてないとか?

私の場合、
面倒臭いと思うことをやめるという事をしたい。
それは今年の目標であった。
面倒臭いと思って変わらなかった事が変えられるんじゃないか
という発想。

ヨシ、なかなかいいな。
とりあえず、お茶でも飲んでからあれやろっと。