読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


ママつきあい

暮れに近付くと、ママ同士のつき合いも増えてくる。
ランチとか、忘年会とか。

なんでだろ。
暮れの駆け込み需要??

何だか、ママ間のつき合いはほどほどに大事と思うが、
あまりにも、同じママ達と会っていたりすると、
だんだん満腹気味に..
そして、打ち解けてくると
話の内容もだんだん辛口にドロリとしてくるような。

和やかに話していても、実は、その相手の事をすごく嫌がっていたり、
ライバル心を燃やしていたり、
全然、本心が分からない。
外と内が全く違う時もあるのだ。
幼稚園が始まって1年くらいして、そういう事に気付き、
愛想よくしていても、実は..?
と、疑心暗鬼になって少し神経質になった事がある。

でもそれは、ママとして当然な、大人の反応の仕方である。
自分の本音ばかりを出していたら、御近所的にも、子供にも
影響が出てしまう。
うまく立ち回るちょっとしたずる賢さも必要なんだと。
相手も、それを察した上で、愛想よく返してくれるわけだし。

要するに、相手を気遣いながら、更に自分や子供も守る事ができる。
時にはイヤな相手を目の前にしても、朗らかに対応できる。
なんてオトナなんでしょう。これも修行だな。
そう納得できてからは、気がラクになった。

そして、私も少しは大人の反応を学ぶ事ができたように思う。
ポイントは
*話をきいて、同調
*自慢話に聞こえそうな事は言わない
*余計な事は言わない
これである。
自分の話は聞かれたらする、位でちょうどいいようである。
自分を出しすぎても出さなすぎてもダメだ。
エライ人も言っている。「中庸がいい」と。
相手を不快にさせないような対応が求められる。

ほんと、ママ達みんなすごいな。オトナだよ..
今週も大人の技の見せ所満載であります。