読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


自然に治したいけれど。。

自然に病気も治したい。
そんな気持ちでいるので、
5歳の子供がいるのだが、
抗生物質を飲ませるのを避けてきた。
しかし、とうとう飲ませてしまった

とびひになったので、
消毒しながら様子をみていたら、ひどくなってしまったのだ
お尻一面にひろがるとびひ
じゅくじゅくの部分がなかなか治らず、困っていた。
周りは皆、かわいそうだ、病院へ連れていけと言う。

でもつれていけば、
ステロイド抗生物質だ。
そっちの方がかわいそうではないかと思い、
自分でどうにか治したいと考えていた。
なんとかしたいと、ネットで調べていたら、
じゅくじゅくの、滲出液は傷を治す大事な物だから、
ガーゼなどで吸い取ってはいけないというところに辿り着いた。
乾かさないように、ラップで覆って治すという方法だ。
しかし、おしりをラップで覆っていたら、
蒸れて逆効果らしくかぶれて、さらに悪化してしまった
よく調べてみると、
どうやら擦り傷や、切り傷に効果的な方法のようだった。
おしり全体がぐじゅぐじゅで、大量の滲出液が出ている。

こうなってしまうとなんとか病院行きを待っていてくれた夫も
さすがに待きれなくなったようで
何と言っても私自身がもう自然に治したいという気持ちが折れそうになっており、
とうとう皮膚科の門をたたくことになる。
<次回へ続く>