読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


誰かをいやだと思うことは

どうしてこんなにあの人が嫌なんだろう。

と思って、よく考えてみた。

別に表向きはなにも害を受けていない。

むしろ助けていただいているかもしれない。

なのに、何故会うのが苦痛なのか。

 

全然悪い人じゃない。

むしろ良い人だ。

しかし、言葉の端々にとてつもなく苦痛を感じるときがある。

それは私たちがその人に対して何も行動していないから。

それを責められていると私は感じる。

その人は責めているつもりかそうでないか、

全く無意識か、分からないのに、だ。

 

その人に対していろいろしなくてはいけないのだろうが、

何もしていない。

そういうことがその人に会うと認識しなくてはいけない。

だからなんだろうと思った。

結局はその人が嫌、なんでなく、

その人に会うことで自分の至らなさを直視せざるを得ない、

それが嫌なんではないかと。

そして、その人のささいな一言から、避けていたい事柄を

思いおこさなくてはならない、それが嫌なんじゃないかと。

 

そして、その人をいやだと思うことは

自分をいやだと思うことなのではないかという気がした。

だからもう、その人のことをあれこれ考えるのはやめた。