読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


マハリシのことばにうっとり

どんなものかと期待なく借りて読んでみたこちら、

「過去にも未来にもとらわれない生き方」

ステファン・ボディアン 著  松永太郎 訳 PHP研究所

これ、悟りについてのすてきな本であった。

しかも、ああ、そうか!というところがたびたびあり、

中でもラマナ・マハリシの言葉の引用が、これまた。

以下引用

ーーーーーーーーーーーーーー

ラマナ・マハリシは簡単に言いました。「教えというものは火搔き棒であって、それは火をおこすものにすぎない。いったん火が燃え上がったら、もう棒は投げ捨てて、燃えるままにしておけばよい。あなたの持っている本も、ハートに火をつけ、燃え上がらせるという役に立てばそれでよいのである。しかし最後には、あなたは、どんな正確な概念や思考であろうと、すべての概念を捨ててハートの知恵の中に死ななければならない。

ーーーーーーーーーーーーーー

中の

「どんな正確な概念や思考であろうと、すべての概念を捨ててハートの知恵の中に死ななければならない。」

を読んだ時、なんて美しいんだろう。とすごくうっとりした。

今もうっとり。ラブラブ!

何だかよくわからないけど、うっとり。

美しい。ただ、わたしの求める美しさだ、と感じる。

ああ、もう泣きそうだ。

そこが強力すぎて、他にもいいなと思うところがたくさんあったのだが、

忘れてしまった。

あ、自分の境界が溶けるとか、そういうところ、

それでいいんだな、と確認できた。

言葉や知識で説明できるものにたよってはいけないんだな。

それは。

私がこの前自由を感じたようなそういうものでいいんだな。

と感じられて安心した。