読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


新しい習い事先と新しい精神世界

こんにちは。雨ですね。

梅雨になると1つ歳を重ねる私。

で、無事習い事先は決まり、もう2回行ってきた。

もう、以前の健康講座の域をこえた内容。

で、それ何かというと、空手。

一応シニア&女性クラスなのだけれど、

ほとんど黒帯の面々で、私の白帯が異様に白浮きしている^^;

さらにお稽古の速さに追いつけずにぶざまな形となっている。

まあ、ね。焦ってもしかたないんで。

ゆっくりやろうと思う。

で、もう一つの新しいもの。

最近読んだ衝撃の本。

「ラムサ―真・聖なる預言」

ラムサ (著) 川瀬 勝 (翻訳)

ラムサって方、実際の人でなくて、「高次の存在」らしい。

J・Z・ナイトという女性がチャネリングしているとのこと。

ラムサ (著)っていうところが、すでに衝撃的である。

どうやら3万5千年前くらいにレムリアからアトランティア(と書いてある)

に来て、いろいろ大変なめにあっていたところから

世界征服した王様で、さらにいろいろあって、

自分の身体をコントロールして昇華したという。

「昇華というのは、自分の身体を別次元に持っていくことなのです。」

なのだそうだ!

死を体験せずに。

衝撃!

そして、周波数を自由自在に変えて何にでもなれ、

何でもできるとか。

ひ、ひょえ!(((( ;°Д°))))

そういう別次元へはとにかく死ななきゃはじまらないと

思っていたから、驚いた。

更に死は幻想であり、絶対ではないんだとか。

身体が永遠に生きると、態度で示せばその通りになると。

「年老いた」と言わず、

誕生日を祝うのをやめ、

一つずつ若くなることにし、

死ぬという考えをなくすようにすると不死となる。んだそう。

あ!既に今日のブログの冒頭で

「1つ歳を重ねる」などと書いてしまった!!(((( ;°Д°))))

訂正します。

「1つ歳が若くなりました」

不死の為に今の自分の身体をちゃんとケアして

大事に使いましょう。

身体を傷つけるようなことはやめましょう。

とのことだ。

ああっ!空手!(((( ;°Д°))))

痛くないようにけがしないようにやろうっと。

で、その昇華した人には仏陀とか、

キリストとかもいらっしゃるとのことなのだけれど、

ここで解けない疑問が...

仏陀の本を読んだ時に、毒キノコが原因で亡くなり、

荼毘に付されたとのことであったと

記憶しているが、

そうすると身体はないわけである。

キリストはかなりの傷だったはず。

死体は消えたとか、テレビでやっていたような。

であれば身体をもって昇華されたかもしれない。

これ、どういう風に考えれば良いのだろう?

身体はなくても昇華できるのだろうか。

傷だらけでも大丈夫ということなのだろうか。

昇華したら良くなるんじゃないだろうか。

何にでもなれるということは傷があってもなくなって、

ちょっと整形的な事も自由にできるってことなんだろうか。

では、特に傷つけないように神経質にならなくてもいいってことなのか。。

そのことがぐるぐるまわる、今日この頃。

もっと他にも衝撃を受けた部分を

書きたかったけれど、

息子が帰ってくるのでごはんつくります。