読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


死んでいるのか生きているのか

本当にすみません、コメントいただいていましたが、

ずいぶんこちらにアクセスしておりませんで

わああっ!と冷や汗をかきながら今読みました。

まさかコメントいただけるなんて!

コメントいただくととってもうれしいですねドキドキ

今返信させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

更新がんばりますアップ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、私は何をしているか。

5月までPTAが残っている。

で、今、前回のブログを読んだ。

「おお~そうそう、そうだったねえ~」

と、ずいぶん余裕で、既に人ごとのように感じた。

時の流れというのはいいものですね。ホント。

世界が終わるという2012年12月末から

2013年にかけて、多分私はおかしかった。

あ、今もある意味そうだけれど、かなり。

自分が生きているという感じがイマイチ稀薄っていうか。

何か透明な膜の中から外を見ているような。

あら、私、もしかして5次元に行っちゃったのかしら?

と思ったけれど、ご飯作ってるし。寝てるし。

そういうの不要な5次元なはずだ。

…行けてない。(*´Д`

何か、そんなもやっとした感じで、

死んだらどうなるんだとか、

死のことを考えたり、

鬱?

いや、進んで死のうとは思わないんだけど。

死が別に怖くなくなった。

死は別に独身の時は怖くなかった。

でも出産したらめちゃくちゃ怖くなった。

勢いのあることとか、少しでも危ないことは避けたかった。

しばらくそんな状態で、子供が大きくなるうちに

それも薄らいで、去年、また怖くなくなった。

これって、動物の本能か何かなのかな。

義父や祖父が去年亡くなったせいもあるかもしれない。

生きているということと死んでいるということと

何が違うんだろう。

最近すごくそれを思う。

まあ、よく分からないんだけど、

瞬間をちゃんと生きよう、死ぬまでは。

ということだけははっきりしている。