読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


そのまま受け入れる

ああ、また今朝も子どもを怒ってしまった。。

遅く起きて、なかなかご飯を食べず、

こっちが目を離していると、席から離れ遊んでいる。

「ご飯たべたの?」と聞くと

「食べた」と言う。

そんなに早く食べたのか、と見ると

一口かじっただけで残っているサンドイッチ。

カーっ!となり。。

「食べてないじゃん!嘘つき!」

「嘘じゃないもん、一口食べたもん」

「なにい!嘘は嫌いっていったじゃん!」

あとは怒り狂う私。プンプン

子どもを見送った後、またもや自己嫌悪。

いけない、また怒っちゃった。

たいしたことではないのに、この怒りよう。ガーン

まだ2歳位のときもこんな風にたいしたことではないのに

激怒して、自己嫌悪に陥った。

しかも、その頃の子どもの写真をみるとこんなに小さいのに、

どうしてあんなに怒ったりできたんだろうと思う。

まだほとんど赤ちゃんで、いろんなことは大人みたいにわからないっていうのに。

子どもにとって、

親は自分を受け入れてくれる大きな存在。

小さいことで激怒していたら小さい親になりそうだ。

母親は太陽のようであればいいらしい。

くよくよしていてもしかたないので、

これから太陽のようにふるまおう。ドキドキ