読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


hibiscusさんへ

お久しぶりです。いろいろありまして(また詳細は追って書きますが。。)
今日やっと見ました。
何故か、コメントが、ブログ上からみられません。今まで見えていたデザインもダメです。
なので、どこか、別のブログに引越す事にします。

ログインして、hibiscusさんのコメントを拝見いたしました。
いつもどうもありがとうございます。

hibiscusさんも、幼少期はそんな事があったんですね。
ほんとうに、やさしいところにつけこんでいじわるする子ってどこにでもいますね。。まったく。

私もhibiscusさんと同じくおとなしかったので、幼稚園の頃、いじわるされてましたよ。
いじわるな女の子3人近所にいて、さんざんでした。
ある時みかねたのか、一度だけそのうちの1人に、母が怒った事がありました。
何で怒ったか忘れましたが、おそらく、私のポケットに砂をたくさん入れただとか、
そういう事だったと思いますが、、
その時は、とても胸がすいて、心強く感じたことをはっきり覚えています。
でも、うちの親もその子達の親には何も言わなかったと言っています。

おそらく、そこまで親が介入する事ではないと思ったのか、
強く育てたかったのか、わかりませんが、、
やはり、近所でつきあいもあると親もやりにくいですね。
きっと、私のようにhibiscusさんの御両親も表には出さなかったとしても
きっと心を痛めていらしたことと思います。
親が助ける事は簡単だけれど、強く育ってほしいですもんね。。

今回の事も、実際、私が助けてよかったのかどうか、
子供の成長を邪魔したのではないかという
気持ちもありました。
しかし、その後、U君はもう、叩いてこなくなり、
ちょっと反省しているのか、
私と夫の前では子供に近寄らなくなりました。
学校では近寄ってくるらしいですが。。

U君のクラスでは、いじめる、いじめられるという役割がはっきりしており、
いじめる側(Uくんは入っていなかったらしいです)が、
1人を大勢でいじめるという事があったらしいです。
まだ1年生なのに!
それを聞いて驚きました。
時代のせいなのか、本当に何かが歪んでいる気がします。
それを聞いて、早いうちにU君にストップをかけられて良かったと思いました。

一番問題はうちの子供がU君にまだ近寄りたい気持ちがある事です。
こればかりはもう、どうしようもなく、
hibiscusさんのおっしゃるように、
他に気の合う友達ができることを望んでいます。

今までたくさんコメントいただき、ありがとうございました。

ブログを引越しましたら、お知らせしますのでそちらにもいらしてくださいね!!