読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


テレビこわい

ほんと、こわい。
一度見ると、だらだらと見続けてしまう。
しかも、そのうちに、テレビがついていないと落ち着かない位になってしまう。
一人暮らしの時にほぼ毎日一日中つけていたら、電気代が1万以上になった!こわい!

心底こわい!と思ったのは2年位前、子供の友達が遊びに来ていて、
子供達がテレビを見ていた時の事。
ふと、テレビを真剣に見ているその子たちの顔を見た時。

「あっ!魂がぬけている!」
とその瞬間、ちょっとぞっとした。

今でも忘れられない。テレビに目は釘付けになり、口は半分開いていた。
何を考えるでもなく、ただ、テレビを見ている、そんな表情。
完全に「抜け殻」な顔であった。

それを見てから、私はほんとにテレビがこわくなった。
テレビを見まくっていた私もあんな風に抜け殻みたいな顔をしていたんだろう。
そして、テレビをつけていなくては落ち着かないという、
中毒や依存症みたいになっていた。

子供にテレビを禁止する訳にはいかないが、
私はあまり見ない事にしている。

昔、あんなに真剣にみていた連ドラ。ストーリーはほとんど忘れている。
最後の話を見逃して、死ぬ程くやしい思いはしたが、どのドラマだったかさえも
忘れている。
情報番組で、「あ、ここいいな!行ってみよう」と思っても、
ほとんど行かないし、すぐに忘れる。

なのに、何で見てしまうんだろう。

朝、夫がテレビを見ながらご飯を食べて、仕事に行く。
これは、時間を知る為だという。時計あるけど。
あとは一通りのニュースや情報を仕入れる為らしいが、
まあ、仕事してるんだし仕方ない。

こわいのは、夫が仕事に出かけた後も私は続けて見てしまう事だ。
だらだら、別に興味もないが、だらだらと。
子供が起きる時間になるので、はっ!としてあわてて消す。

そんな風に、なるべく見るまいとしていても、
ちょっとしたスキにテレビは入ってくる。

一人暮らしの時は消さなくちゃなと思いつつも、昼間から
深夜のテレフォンショッピングまで延々と見ていたりしたものだ。
実に恐ろしい。
電磁波もこわい。

とにかくこわいので、私はなるべくテレビをつけないようにしている。