読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


キモノ

激、激忙!!な1週間がやっと終わった~
毎日やる事が満載で、睡眠時間3時間半の日もあり

なんといっても七五三で、自分も着物を着ようと思ったのも
睡眠時間が減った原因である。
子供を妊娠中に着付けを習った。
テレビでよくやっている無料着付教室である。
子供を妊娠していた頃なので、やった事も忘れかけている。
3日にわたる練習で、ようやく形になった。
が、本番では、帯がゆるんできて下がってきてしまった。

二年程前は、着物にはまり、冬は家の中で、ウールの着物をほぼ毎日のように
着ていたが、突然飽きて、赤い長襦袢も縫製途中のまま。
ハマっている最中は寝ても覚めても着物のことばかり考えていた。
半幅帯も何本か作成したし、靴紐で帯締めも作った。
だが、飽きた。
さすがのB型である。

この度着物を着るにあたり、衿芯がゴワゴワなので、買い替える事にした。
普通だったら絶対に近寄らない着物の店に入る。
衿芯だけを買うのだが、何だかコワイ。
着物を着た若い店員さんに衿芯を出してもらい購入。
衿芯だけなのに、裏に持っていって、包んでいるのか、レジをしているのか、
なかなか出てこない。
仕方なく、店の中をぶらぶらする。
可愛いクリスマスチックな柄の着物を見ていると
もう1人の店員さんが、近寄ってくる。
でも、「私は買いません」オーラを出しているせいか、
そんなにしつこくしてこない。
ようやく品物を受け取り、店を出る。

もう、ほんと、苦手。着物の店。
隙を見せたら即何か売りつけられそうだ。
実際、品物を渡される時に
着物のクリーニングを30%オフでやってますので
どうぞ。とサービス券を渡された。
安いとホイホイ持っていけば、そこから、ずるずるとひきこまれそうだ。

まったくなんてコワイんでしょう!!

私が通った着付教室だって、講習会といっては
着物や帯の展示してある小さな部屋に入れられて、
講師の先生やその着物や帯の会社の人なんかに
迫られたっけな。
妊娠してなくて、小金をもっていたら購入しちゃってたかも。
ほんとに欲しい人だったらかまわないと思うけど、
私はいらなかったからね。
いらない人に売りつけようとしてはいけないね。
教室のおばさま達みんな、買ってた..
その中でもお金のありそうな、人のよいおばさまに
みんなたかって、螺鈿の入ったすごい高い帯買わせたよ..
おばさまは後に「あまりにすごい帯でつけていく所がない..」
とおっしゃっていた。

原物見て、着物合わせて帯合わせて似合う似合う言われて
あらいいわね~なんてポーっとしたところに、
分割ですとこの位、とか、現実的な話の流れになっちゃったら、
買おうと思っていなかったとしても
あ~これが私のものになるのね、買えちゃうかな~
とか思っちゃうよなあ。

着付が修得できたのはよかったけれど、
やっぱり庶民としては売りつけられたらもう、
着物の世界がコワくなっちゃう。
余裕のある人だけのものって感じになってしまうのは
ほんとにもったいないな、と思う。

昔の人はみな、それぞれの着物をそれぞれの着方をして生活していたんだし、
敷居の高いものではなかったはず。
もっとカジュアルに楽しめるようになるといいな、と思う。
デニム生地の着物とか、カジュアルな着物が出てはいるみたいだけど、
実際着て歩いてる人をほとんど見ない。

私も普段に着物を着て外に出たいな~と思うけれど。
ちょっと勇気がいる。
浴衣のように、わりと普通になるといいな。

今度、また着てみようかな~