読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


とびひは完治か?

とびひはどうやら完治しそうだ。
何だか長かったような短かったような。
もう、消毒もしてないし、包帯もしていない。
掻くのを緩和できるかと、オイルだけを塗っていたが、
昨日からそれもしていない。

最後まで、てこずったお尻の左も赤味がとれている。
後はかさぶたがとれればもとのつるつるお尻に戻りそうだ。
薬疹も完全に消えた。
子供もあまり掻いていない。

お尻にボツボツなにやらできはじめてから、2ヵ月程、
いろいろあった。
病院へ行くのをためらっていたらひどくなり、
ひどいのを更にラップでひどくしてしまい、
病院へ行って、生まれて初めて飲ませた抗生物質
(多分。でももしかしたらステロイドかもしれない)で薬疹。
症状がとびひと薬疹のダブルになってしまい、
相当へこんだ。
それからは、薬もステロイドも止めて、頑張った。
途中、トンネルの中のようで、出口はあるのだろうか、と
弱気になったりした。
正直、途中でステロイド塗ったほうがいいのかな、と思った事もあったが、
子供の回復力を信じていたので、使用はしなかった。

薬を使用した方がいい時もあるに違いないのだが、
今回使ってみて、何だか違和感を覚えた。
薬疹で、私の考え方は決定的になった。

最近読んだ本で、
「湿疹というのは身体に入った毒を、
血管の壁を通して毒を外へ出すので湿疹ができる」
という事が書いてあり、
なるほど、と思った。
子供の薬疹は
身体に合わない薬の毒をきっと外へ出したのだ。

また、「それを薬で抑える事はよくない」
らしく、湿疹を抑えると毒が外へ出ないらしいのだ。
私は、納得した。
いろんな湿疹は、何か身体にいらない毒を出していたのか、と。

すごいな、体。
勝手にいろいろいい事をやってくれているんだもの。