自然に流れる

流れるままに記録して、それを遠くから眺めてみたいのです


宇津木式、さすがに冬は。。

暖かいうちはよかったが、寒くなり何もぬらないと ちょっとちりめんじわが目立つようになった><;; まあ、家にいるだけならいいとして、 外にでかけるとか、人が来るとかいう時はちょっときついかと^^; じゃあ、パウダーをはたけばいい、といっても 乾…

変なんじゃなくて

まあ、結局シャアー!ってなってたのは どうやら月のお客様のせいだったらしい^^; まあ、そういうことで。 でも、変なんです! 思い起こすと、義父が亡くなったあたりから。 三年前。 2013年くらいか。。 それから立て続けに祖父母が亡くなり更に なんと…

何か変

先日、記事を書いたあと、ひどくイライラする日が続いている。 まあ、そういうときはイライラすることを呼んでしまうもので、 昨日も子供を怒った。 どうしてこうもイライラするのか分からない。 食べ過ぎなのかもしれない。 いや、そんなに食べてない。 月…

どこへ行く?

不食をしてみようと思いつつ、しっかり三食食べている^^;; まあ、いいや。 ところで、昨日ぐらいから何かへん。 身体の中心が落ち着かない。 そわそわしている。 どこかへ旅立つ直前のような。 飛行機が離陸する直前のような。 目を閉じるととたんにすう…

不食!

最近両親が、一日一食をやっているというので、 こちらを読んでみた。 「食べない人たち (「不食」が人を健康にする) 」 秋山 佳胤 (著)森 美智代 (著)山田 鷹夫 (著) 一言でいうと、すごい発見! 一日一食どころか、不食、食べない、 更に飲まない、という…

宇津木式美容法で7ヶ月

正直、言われているようにちゃんとはやっていないのだが、 素肌にポイントメイクですっかり平気になった。 二十代からあるシミとかまだあるけれど前より気にならない。 薄くなったのかな? それとも? 素肌力がアップしたのかも!^o^ 乾燥を感じなくなった。 …

どうせなら^^

最近また、なんか浮遊感。 ちょっと現実から少し離れているような。あの時離人症だったのかな、と インターネットで離人症を知ったとき、そう思ったけど、 だったら、どうかといえば別にたいしたことでもないし。 何かな〜こんなんだったらなんでも精神的な…

意味がわからなくてよし

前回の「正法眼蔵を読む」南 直哉 (著)をなんとかがんばって(^_^;)、 最後まで読んだ。 結局わからないままだったが、それでいいようなことが 終わりくらいに書かれていて、なんだあ〜じゃ、よかった。 と思ったのだった。 だいたいわかったりしたら相当な人…

あ〜意味わかんない><;;

今、「正法眼蔵を読む」南 直哉 (著)を読んでいる。 正法眼蔵自体は、ちょいちょい、他の読んだ本に出てきていたので、 ああ、これか、というところもあるのだが、 全体的に意味わかんない。 迷路に迷ってそのままうたた寝パターン。 禅って、感じたところで…

台所をきれいにしたら

なるべくきれいにしようと思っているけれど、 ついついゆきとどかなかったりするので、 時々はちゃんときれいにするようにしている。 キッチンの天板の上もちゃんと拭いて、コンロもきれいに拭いた。 夏休み中の子供が、朝食を自分で作ると言い出した。 何か…

どんなことも

幻だけれども、だからといって、 他の人を傷つけたり邪魔したりしていいわけじゃない。 他の人それぞれが自分のやりたいことをしにきているんだから。 できるだけ邪魔しないように自分のやりたいことをやる。 それが基本ルールなんじゃないか。 人それぞれが…

なんでもうまくはいかない

苦労するために生まれたんだから、 なんでもうまくはいかないようになっている。 ということがいちいちよく分かるようになってきた。 ピアノをよく弾く。習ったことないけど、少しずつ覚えて弾いている。 弾いているとうまく弾けないところがあり、 何度も何…

アトラクション

先日、子供の部屋を掃除していて、 ふと「伊豆の踊り子」の本が目にとまり、そのまま最後まで読んでしまった。 ああ、なつかしい。 どうしても気になる真っ裸で手をふる場面。 いやあ、14歳だったのかあ。 そのお年頃は女風呂でも隠したかった気がするけど…

せつなさを体験したい?

ママ友とランチした。 ある飲み屋さんに気になる人がいて、 その人もこちらを気に入っているんだそうな。 でも、お互い家族がいるので、 そこはブレーキをかけていると。 でも、もし何かチャンスがあったら 自分がどうなるか分からないらしい。 まあ、これも…

うまくいかないようにできている?

この世に苦労をしに来ている、ということを意識しだしてから、 いろいろ納得できることが出てきた。 あれこれうまくいかないのはそのせいなのか、と。 苦労しにきているので、なんでもうまくいっては都合が悪いのであろう。 自分では簡単にできると思ったこ…

確かにすごいけど

お世話になっている方の油絵の個展に行ってきた。 すごい方だ。 一年に100点も作品を仕上げるという。 しかも、すごいところに名を連ねている。 謙虚、かつエネルギッシュ。 素敵なおばさま、いやお姉様。 二十年前の私だったら、憧れていたに違いない素…

闇系でなえているところへ

最近、闇の勢力の本やら何やらで、 げんなりしていた。 ああ、この世はめちゃくちゃ支配されているじゃないか〜 ワクチンで人口削減、ああ、ポリオ息子赤ちゃんのとき、 やっちゃったしな〜。 輸血もやばい、ああ、先月、町内会で寄附しちゃったじゃないか。…

悟りをひらいて

どこか優越感を得たいと思っているんじゃないのか? 自分は悟りを開いてエライんだぞ! ジャーン! 葵の御紋、的な。 と思ったらムネヤケがした。 人間て、どこかそんなところがあるような。 しょうがないのかな。 そういうもんなのか。遺伝子とかで。 だっ…

苦労をしにきてるの?

最近読んだ本に、この世には苦労をしたくて来ているというのがあった。 あの世はなんでも叶ってしまって、つまらないそうだ。 ほかにも、そんな記述をみたことがある。 なんだって、そんなことをしに! と自分に腹が立ちそうだ。 いいじゃないか、なんでも叶…

拭きの快感

昔は拭き掃除が嫌いだった。 拭いてもまた汚くなってしまうから。 無意味だと思っていた。 なるべく拭き掃除をしなくていいように工夫していたくらいだ。 今もそんなに特別好きとかいうことはないが、 掃除は結局拭くことにかぎるんではないかと思っている。…

意味ないのかもね

ふと、思った。 どうして何にでも、意味を考えてしまうのか。 生まれてきた意味、生きている意味、出会った意味、 人生の意味・・・ よく考えたら、そんなのあるのか?と。 もしかしたら、この世は何かにつくられていて、 自分も、ひょいっと現れていて、ま…

宇津木式美容で1ヶ月

先月から宇津木式美容法をやっている。 とにかく肌をこすらない、朝夜の洗顔は基本ぬるま湯か水。 化粧水、クリームはぬらない。 できればファンデーションも。 塗るならパウダーの優しいファンデ。 塗った日は、石けんの泡で落とす。 ということで、完全に…

期待しない日々

「期待しない教」の毎日を過ごしている。 とはいっても、未来に悲観しているという訳ではなく、 願望はオッケーということにしている。 ただ、それを期待しないでいる。 例えば、初めて料理を作ってみたとして、 「初めて作った料理を家族がおいしいと言って…

期待しない教

先日「期待しないこと」を書いたが、 とても有効な気がしたので、 私は実践してみた。 前から歩いてくる人がよけてくれる、ということを期待しない。 挨拶をしたら挨拶を返してくれる、ということを期待しない。 夫が話をちゃんと聞いてくれる、ということを…

ブッダはブッダだから

ブッダはブッダなりに悟りをひらいたんだし、 ブッダのモノマネをしてもダメなんじゃないか、と最近思う。 いろいろ読んでみるに。 ただ、大昔の日本でそうだったように、 当時上に立つ立場にいて、民衆をまとめようとしたら やっぱり仏教推奨しちゃうだろう…

期待しないこと

で、やる気が出たかというと、少し出てきた。 インフルらしきものにかかってから、3週間くらいダメダメだった。 身体がよくないと気分もすこし病むのかもしれない。 ところで最近私はなぜ、人に対して腹がたったり、 嬉しくなったりするのかということがわ…

生まれてきた意味。

春なのにヤル気がない。全くない。 人間は何故生まれてきたのだろう。死ぬのにね。 ほんと不思議。 いろいろ調べてみたけど、生まれてきた意味なんて誰にもわからない ということがわかっただけだった。 目標をもつとか、自分で意味付けをするとか、 もうそ…

「口うるさい」は効果なし?

昌子武司さんの本を3冊読んだ。 子供の教育についての本。 子供にヤル気がないので、やる気の出る本を読もうと思い、 「学習意欲-やる気をおこす導き方-」昌子武司著 これを最初に読んだ。 その後2冊。 「昌子武司の教育相談」昌子武司著 「逆効果の心理…

自動的に生きてみようと思う

今年もよろしくお願いいたします。 あたたかいお正月、何だか春みたい。 前回、今ここというものは意識するものが何もないんだと 気づいたので、今年は自動的に生きてみようと思う。 いや、私がそうしようとしなくても そうなっていくんだろうけど。 自動的…

「今、ここ」とはもしかして?

この間から私なりに考えてきた。 「今、ここ」とはどこなのか。 今のどこに意識をむければいいのか。 今日、ふと分かったような気がした。 それは、今のどこにも意識をむけるものはないということだ。 これが、無なのか、空なのか、とにかく、 何もないと気…